ココカミ|保健師・ストレスチェック・ヘルスケア・メンタルヘルス・糖尿病重症化予防プログラム・喀痰吸引等研修・実地研修・受診勧奨1分150円の匿名性会話サイト。誰かに話を聞いてもらいたい、友達のように気軽に話したい方へのサイトです。本音でコミュニケーションをご希望の方にお勧めのこころのパワースポットです。

ほけんし株式会社
  • 旅する研修会
  • ほけんし株式会社 みんなのブログ
  • Facebook
  • JAPHIC

ココカミとは

気軽に、お話しできる相談サイトです。
課金制の電話相談で、相談の種類やジャンルを問いません。

1分150円会話「ココカミ」

ココカミTOP2

完全匿名性の会話サイト。

詳細情報

利用してもらえる相談機能に特化〜ココカミ〜

人が悩み等で相談したいとき、まずどうするか、どこに相談するか等を考えたとき、訓練されている専門職に相談することを第一選択に上げないケースが多いことをご存知でしょうか?

1.こころの相談市場は結果に大幅な変化なし
下記は古いデータにはなりますが、概ね状況は変化していません。

2.調査結果
『精神的困難への対処法について、
「自分で原因を取り除いたり問題を解決しようとした」が最も使用度が高く、「自分ひとりで気晴らしした(飲食、スポーツ、娯楽、趣味、旅行など)」、「ひたすら耐えた」、「誰かとともに気晴らしした(同上)」がほぼ並び、やや下がって「専門家以外の誰かに相談した(相談に乗ってもらった、聴いてもらった)」が続いた。「医療機関を受診して、薬(安定剤、睡眠薬など)を服用した」、「専門家(医師、カウンセラー、セラピストなど)に相談した」はさらに低く、ほとんど使用されていないことがわかった。

その対処法の効果について、
最も高かったのが「専門家以外の誰かに相談した」で、「誰かとともに気晴らし」、「自分ひとりで気晴らし」が続いた。やや下がって「医療機関を受診」や「自分で原因を取り除いたり問題解決…」、さらに下がって「専門家に相談」となった。「ひたすら耐えた」が最も効果の評価は低く、これのみマイナス値であった。

これらを総合すると、自分や誰かと一緒の「気晴らし」が使用度も効果も高いと報告されている一方で、「自分で原因を取り除いたり…」や「ひたすら耐えた」は使用度の高さとは逆に結果の評価が低いことが特徴である。これと逆のことが「専門家以外の誰かに相談」であり、使用度がやや下がるのにもかかわらずその効果への評価は最も高かった。また、「医療機関を受診」や「専門家に相談」は使用度・結果の評価ともに低く留まっており、専門家や専門相談機関の利用が一般的でなく、その評価も高くないことが示された。』
※2000年まあるいこころクリニック様「心の健康づくり調査(予備調査)報告草案Ver.1」より抜粋

3.無料であっても利用されていない
公的な相談所や利用者には無料となる相談機能はあっても利用目的や利用者は限定的で、自殺者は減少してきているものの、2万人台を推移していることも変わりありません。

4.「ココカミ」を開発
我々専門職がこういった状況を冷静に検討し、いくら相談所を作っても”利用されなければないことと一緒である”、との結論に、一定期間の相談利用傾向をキャッチし、新たな予防の仕組みづくりにチャレンジすることになりました。

国の方向性

厚生労働省

平成29年7月、「自殺総合対策大綱〜誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して〜」が閣議決定されました。

左記は政府が打ち出している内容です。
ここからも”こころの問題”に対し、まじめに解決していこうという姿勢がわかります。

詳細情報

利用料

1分150円〜
・クレジットカード決済<API方式>
電話を架けるとサーバにつながり、クレジットカード番号をプッシュするとお話しできます。
・銀行振込でのお支払い
会員登録していただき、お支払いいただきます。

必要時、専門職が対応

相談内容や相談状況、ご本人の希望により専門職が対応します。
※専門職:医師、臨床心理士、保健師、看護師、弁護士など